使い捨てキャップと再利用可能なキャップ

ビュー: 229 著者: Site Editor 公開時間: 元: Site

使い捨てキャップと再利用可能なキャップのどちらが良いかについては常に強い議論がありますか? 使い捨てキャップについては医学会や病院からの強力な支持と支持がありますが、医師会の一部はそれに反対しています、その有効性について強く議論します。

 

名前のような再利用可能なキャップは、複数回着用することができます。つまり、再利用できます。  さまざまな色、パターン、花柄、無地などのデザイン、またはユーザーが好む任意の選択肢があります。

 

綿、ポリエステルなど様々な素材ですが、綿素材との併用をお勧めします。これは、通気性が高く、吸収能力が高く、体温調節が可能なため、再利用可能なキャップの製造に最適です。それらは、それが捨てられて捨てられることができる前に、50-70回の洗浄に耐えると言うことができます。

 disposable caps

また、綿は時間の経過とともに分解するため、使い捨てキャップに比べて環境に優しく、環境にやさしいとの意見もあります。 ただし、再利用可能なキャップを使用する場合の問題は、洗浄して適切に滅菌しないと、脅威になるまでは避けられています。

 

キャップを適切に洗浄および滅菌しないと、細菌、真菌、ウイルスがキャップに付着する可能性があります。これは、感染や汚染につながる可能性があります。

 

そうは言っても、再利用可能なキャップまたは再利用可能な個人用保護具(PPE)を使用することの最大の欠点は、汚染のリスクが高いことです。

 

今、使い捨てキャップ一方、 は1回だけ使用され、破棄されます。それらは廃棄される前に一度しか着用されません。

 

さまざまな明るい色があり、医療業界だけでなく食品業界でも非常に人気があります。

 

このキャップの注目すべき特徴は、ほぼ「1つのサイズですべてにフィット」することです。これにより、非常に簡単に着用できます。

 

ポリエステルや綿などの素材で作られた再利用可能なキャップとは異なり、使い捨てのキャップは通常不織布素材で作られています。 この素材は、汚染物質の落下や作業領域への侵入を防ぐのに役立ちます。

 

使い捨てキャップ は医療分野で非常に重要であり、この重要性を強調しすぎることはできません。

 

もう一度注意すべきもう一つのことは、それが多くの時間とお金を節約するということです。再利用可能なキャップのように洗濯や滅菌の必要がないため、時間の節約になります。 費用対効果も高く、病院の費用も節約できます。これは、滅菌による隠れた費用や繰り返しの費用がない1回限りの費用であるためです。

 disposable caps

キャップは購入時に滅菌されており、使用後すぐに廃棄されるため、汚染のリスクもありません。バクテリアが潜んでいる可能性のある再利用可能なものとは異なり、使い捨てキャップの場合はそうではありません。 手術室を無菌状態に保ち、汚染を防ぐのに役立ちます。

 

バーキャップ、不織布キャップ、プラスチック製の丸型キャップなど、さまざまなタイプがあり、使い捨てのストリップキャップが病院で最も使用されています。 もう1つの利点は、これらのキャップが必要に応じてすぐに利用できることです。

 

要約すると、使い捨てキャップの長所は再利用可能なキャップの長所を上回っているため、より良い代替品になります。

 

信頼できる無菌で安全なものを探しています使い捨てキャップ サプライヤー?

良質の使い捨てキャップが必要ですか?あなたの会社に良いグレードの個人用保護具を提供するためのサプライヤーが必要ですか?  クリックここ、ご注文いただき、カタログをご覧ください。

 


×

お問い合わせ

captcha